AmPm(アムパム)という、謎の覆面二人組エレクトロ・ユニット

AmPm(アムパム)

f:id:pen-dai:20170716114012j:plain

http://ampm.tokyo/about/ より

 

世界最大の音楽ストリーミングサービス Spotify をきっかけに海外で話題の、AmPm [æm / pæm]アムパムと発音する、日本の二人組クリエイティブユニット。

アーティスト写真では覆面を被っており、その正体は謎に包まれています。

 ストリーミングサービスに上手く乗る

Spotify(スポティファイ)は、検索アルゴリズムが非常に賢く、アーティスト名をはじめ、ユーザー名、ジャンルや気分など、あらゆるワードでの検索が可能で、ときに知らない国で局地的に流行っている音楽に出会うなんてことも。

また、キュレーターと呼ばれる音楽の専門家らが提供しているプレイリストから、厳選された音楽と引きあわされたり。

そんななか、SNS上で拡散されている上位50曲が毎日更新されるバイラル(口コミ)チャートは、音楽ファンが聴いて共感・共有したデータが基になっていて、世界中の早耳リスナーに人気となっています。

AmPm もその例外ではなく、シンガーソングライター Michael Kaneko を迎え、3月に発表されたデビューシングル『Best Part of Us』は、Spotify Japan のさまざまなプレイリストにピックアップされました。

Best Part of Us

 『Best Part of Us』

 

1か月後には Spotify グローバル・バイラルチャートで38位、アメリカのバイラルチャートでは、最高7位にランクイン。

そのインパクトは大きく、4か月後の7月には530万再生回数を突破。

しかもその再生回数のうち、約95%が海外のリスナーとのことです。

知名度や認知度が低いアーティストであったとしても、楽曲のよさに加え、グローバルなストリーミング音楽サービスに対する緻密なリサーチや分析によって、デビューからいきなりヒットを生み出せるチャンスがあるということを示す結果に。

国籍不明の心地よいサウンド

耳当たりがよいメロウなEDM、または、チルアウトハウスやR&Bハウスなサウンドは、一聴しただけでは、日本人アーティストだとわからないのでは。

You Tube には、何曲か音源が公開されています。

I don't wanna talk / AmPm feat. Nao Kawamura

 

Best Part of Us / AmPm feat. Michael Kaneko

 

宇多田ヒカル、1999年発表の「Addicted To You」のカバーも。

Addicted To You ( Utada Hikaru cover ) / AmPm feat.Nao Kawamura

そんな、AmPm から連想するアーティスト二組

日本発、正体不明なバンド Nulbarich(ナルバリッチ)

Who We Are(通常盤)

 2017年5月24日リリース  1st EP『Who We Are』

 

2016年に、シンガーソングライター JQ をリーダーとして結成されたバンド。

メンバーを固定しないが、同じ志をもつメンバーで、時代、四季、背景など状況に応じた、ベストなサウンドを創り出す。
ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でる。

Nulbarich official site | Biography より引用しました

メンバーのビジュアルが明かされておらず、謎が多いことや、歌詞に日本語がなければ海外のミュージシャンと勘違いしてしまいそうな国籍不明な点が、AmPm と共通するところ。

Nulbarich - It's Who We Are

アフリカの部族を思わせる仮面で登場 SBTRKT(サブトラクト)

サブトラクト

2011年7月6日リリース アルバム「Sbtrkt」

 

覆面(仮面)つながりでは、イギリスのサウンド・プロデューサー、アーロン・ジェロームの音楽プロジェクトが連想されます。

自分の作り出す音楽から自分という存在を取り除きたいという思いから、ライブやメディアに露出する際には、アフリカの部族を思わせる仮面を着用し、匿名性を重んじました。

2011年にリリースされたセルフタイトル作に収録されている、Yukimi Nagano さんという日系スウェーデン人アーティストがフューチャーされた楽曲は、国籍不明で音楽だけが匿名性のもと、浮遊しているような感覚になります。

SBTRKT - "Wildfire"

さいごに

f:id:pen-dai:20170716180911j:plain

2017年8月には、Spotify がインドネシアのジャカルタで開催する音楽フェス”SPOTIFY ON STAGE”への出演も決定し、1万人の前でパフォーマンスする予定の彼ら。

その音楽性のよさが、さらに認められ、国内でどのように拡散され、ブレイクしていくのか注目です。