聴きたい!邦楽二人組ガールズ・ロック・バンド5選

数ある日本の女性ロック・バンドの中で、現在二人組で活動しているバンドを5組まとめてみました。

結成当初から二人で活動しているバンドから、メンバー脱退により二人になったバンドまで、その経緯はさまざまです。

コアなファンは、ライブの際のサポートメンバーが誰になるかも気になるところでしょう。

チャットモンチー

メンバー 橋本絵莉子(Vo./Gt.)福岡晃子(Ba./Dr./Cho.)

Magical Fiction

2017年4月5日リリース シングル「Magical Fiction」

 

徳島県出身のガールズ・ロック・バンド。メンバーは、1983年生まれの橋本絵莉子と福岡晃子。

2000年の橋本を中心にバンド結成、2005年のメジャー・デビュー時から2011年9月までは、高橋久美子(Dr./Cho.)が所属しており、スリーピースバンドとして活動。

2000年代を代表するガールズバンドとして君臨、今年4月には19枚目のシングルをリリースしています。

 yonige

【早期購入特典あり】未定(BIGラバーキーホルダー付き ※2017/8/31までのご予約対象)

メンバー 牛丸ありさ(vo,g)ごっきん(b,cho)

Neyagawa City Pop

2017年4月19日リリース EP「Neyagawa City Pop」

 

2013年結成、大阪府寝屋川市出身のガールズ・バンド。
メンバーは、1994年生まれのオーストラリアと日本のハーフ、牛丸ありさ(vo,g)と95年生まれのごっきん(b,cho)の2名。

2015年末までは、かねもと(Dr)が所属、スリーピースバンドとして活動していました。

日常を切り取った少しひねりのある歌詞と、シンプルで正統派のギターロックなサウンドが特徴。

2017年9月20日リリースの 1stフルアルバム「girls like girls」でメジャーデビューが決まっています。

yonige / our time city

ハルカトミユキ

メンバー ハルカ(Vo/Gt)ミユキ(Key/Cho)

溜息の断面図

2017年6月28日リリース アルバム「溜息の断面図」

 

歌人・ハルカと奇人・ミユキによる女性2人組バンド。

2010年に大学の音楽サークルで知り合い結成。

2013年に 1stフルアルバム「シアノタイプ」でメジャーデビュー。

ボーカル、ハルカの書くひねりのある歌詞と、フォーク・ロック、アート・ロック、オルタナティヴ・ロック、ドリーム・ポップなど、楽曲ごとにさまざまなジャンルの要素を持ったサウンドが特徴。

FINLANDS

メンバー 塩入冬湖(Vo,Gt)コシミズカヨ(Ba)

LOVE

2017年7月5日リリース EP「LOVE」

 

THE VITRIOL という前身バンドを経て、塩入冬湖(Vo,Gt)とコシミズカヨ(Ba)が2012年に結成した女性2人組ロック・バンド。

バンドを象徴する、どんなに暑い真夏の屋外ステージでも決して脱がない冬物コートを着用してのライブパフォーマンスも話題に。

ボーカル塩入の高音ボイスと、安定的なコシミズのベースラインが光るギターロックサウンドが特徴。

あふりらんぽ

メンバー ONI / オニ(Vo, G)とPIKA / ピカ(Vo, Dr)

WE ARE UCHU NO KO

2010年5月21日リリース アルバム「 WE ARE UCHU NO KO」

 

2002年に大阪で結成、オニ(Vo, G)とピカ(Vo, Dr)からなる女性2人組ギター・ロック・バンド。

原始的なサウンドを取り入れ、ときにサイケデリックで個性あふれる音楽性と、奇抜なファッション&衝撃的なパフォーマンスが国内外で話題に。

2005年に、アルバム「URUSA IN JAPAN」でメジャーデビュー。

2010年に解散するも、お互い精力的なソロ活動を経て2016年に再始動。

https://pbs.twimg.com/media/DEIHF2LUMAAXAZD.jpg

2017年7月には、台湾やアメリカでの公演が決定しています。

あふりらんぽ(AFRIRAMPO) / ミラクルラッキーガールズ