WANIMAだけじゃない!聴いておきたい邦楽スリーピース・ロックバンド

近ごろは、メロディック・パンク系ロック・バンド WANIMA が人気。

同ジャンルでは彼らのほかにも、数多くのスリーピース・バンドが活躍しています。

バンド結成当初から、スリーピースなバンドもあれば、メンバーチェンジや脱退、加入によって現在のメンバーに落ち着いたバンドもあり、その変遷はさまざま。

そこで、2016年から今年にかけて新作を発表している主なスリーピースバンドをまとめてみました。

WANIMA

KENTA(vo,b)KO-SHIN(g,cho)FUJI(ds,cho)

2008年結成。2012年12月より現在のメンバーで活動。

英語詩が多いメロディック・パンクバンドの中ではあまりみかけない、ストレートで心を打つ、わかりやすい日本語歌詞の楽曲が特徴。

今年に入っても3曲がCMに起用されるなど人気に。

3rd SINGLE『Gotta Go!!』

【Amazon.co.jp限定】Gotta Go!!(WANIMAオリジナルステッカー(amazon Ver.)付き)

シングルの中の一曲、松本人志との共演でも話題となった”タウンワーク「スタジオ」篇CMソング” 「ララバイ」。

dustbox

SUGA(Vo.Gt)YU-KI(Dr.)JOJI(Ba.Vo)

1994年結成。

メロディック・パンクからパワー・ポップ、オルタナティブな音までが混在する自由度の高いサウンドが特徴。

ALBUM『Thousand Miracles』

Thousand Miracles

Northern19

笠原健太郎(g,vo)井村知治(b,vo)馬場豊心(ds,cho)

2003年3月結成。

疾走感と哀愁を持ち合わせた、メロディック・パンクからポップ・パンク、ときにハードコアよりの楽曲まで演奏する、幅広いサウンドが特徴。

ALBUM『LIFE』

LIFE

アルバム収録曲、相変わらずぶれない疾走感が心地よい楽曲「BELIEVER」。

10-FEET

TAKUMA(vo,g)NAOKI(b,vo)KOUICHI(ds,cho)

メロコアというジャンルを超え、ヘヴィ・メタル、レゲエ、ヒップ・ホップ、ボサ・ノヴァなど、多くの音楽要素を取り込んだサウンドが特徴。

2008年からは、野外ロック・フェス(京都大作戦)を主宰、今年で10回目の開催となります。

SINGLE『太陽の月』

太陽の月(通常盤)

HUSKING BEE

磯部正文(G , Vo)平林一哉(G , Vo)工藤哲也(B, Cho)

1994年に結成、2005年に解散するも2012年に再結成を果たしています。

90年代から BRAHMAN や Hi-STANDARD らとともにシーンを牽引。

メロコアからエモやパワー・ポップ寄りの楽曲まで、常に進化を続けるバンドです。

Mini Album(EP)『Stay In Touch』

Stay In Touch

ライブでお馴染みの彼らの人気曲「By Chance」を、ラップ・ユニット MOROHA と共に新たな作品に仕上げた傑作、「Re-By Chance feat. MOROHA」。

SHANK

庵原将平(vo,b)松崎兵太(g,cho)池本雄季(ds)

2004年に前身となるバンドを結成。2008年にインディーズデビュー。

メロディック・パンクにとどまらず、スカやルーツレゲエの要素も取り入れたサウンドが特徴。

4th ALBUM『Honesty』

Honesty

BACKLIFT

KICHIKU(vo,b)HEAVIN(ds,cho)YAKITORI(g,cho)

2007年結成。

Hi-STANDARD、HUSKING BEE、THUMBなど、90年代 AIR JAM 世代のバンドから影響を受けた正統派メロディック・パンクな楽曲が特徴。

ALBUM『BLANKS』

BLANKS

White=白というタイトルにあるように、まっさらな新しい世界で戦っていくというバンドの決意を表明した楽曲「White」。

MINAMI NiNE

ヒロキ(vo,b)ワラビノ(g,cho)スケロク(ds,cho)

2011年11月結成。

以前から交流のある WANIMA 同様、九州出身で日本語歌詞と共通する点も多い。

スカやレゲエの要素もあり、どこか南国の匂いも感じさせる楽曲が特徴。

ALBUM『SWEET』

SWEET

HAWAIIAN6

YUTA(vo,g)GURE(b)HATANO(ds)

1997年結成。

疾走感あふれるサウンドにのる英語詞と哀愁漂うメロディが特徴。

2007年には自主レーベル(IKKI NOT DEAD)を設立し活動。

SINGLE『Burn』

Burn

硬派な音がカッコイイ、彼らの10年ぶりシングルに収録された楽曲「Burn」。

Hi-STANDARD

難波章浩(b,vo)横山健(g,vo)恒岡章(ds)

1991年8月に結成、92年9月より現在の体制に。

95年のメジャー1stフル・アルバム『GROWING UP』は海外レーベルからもリリースされ話題に、日本のメロディック・パンクを代表する作品とも。

また、97年から野外フェス(AIR JAM)を開催するなど、シーンの中心的存在として活躍。

2000年8月に活動休止るすも、2011年から再始動、2016年10月には16年半ぶりのシングル「ANOTHER STARTING LINE」をリリース。

SINGLE『Vintage & New,Gift Shits』

Vintage & New,Gift Shits