聴いておきたい!90年代に活躍した洋楽スリーピースバンド5選

CDが最も売れた90年代。

その90年代に活躍したスリーピースバンドバンドと、”この一枚”というアルバムをまとめてみました。

Goo Goo Dolls(グーグードールズ)

メンバー

ジョン・レズニック (John Rzeznik) Vo、G
ロビー・テイキャック (Robby Takac) B
ジョージ・トゥトゥスカ (George Tutuska) Dr  ~1995年 
マイク・マリニン (Mike Malinin) Dr 1995年~2013年

Boy Named Goo

1995『A Boy Named Goo』

 

"アメリカン・ロックの良心"とも称される正統派アメリカン・ロックなサウンドのバンド Goo Goo Dolls は、1986年にアメリカニューヨーク州で結成され、翌年インディ・レーベルよりデビューします。

一般的には「ネーム(Name)」や、映画『シティ・オブ・エンジェル』の挿入歌に起用された「Iris(アイリス)」のバラード曲が広く知られていますが、当初は、メンバーの音楽のバックボーンにパンクやヘヴィ・メタルがあり、サウンドにもその影響がみられました。

セールス的には「Iris」が収録された1998年リリースのアルバム『Dizzy Up The Girl』が最も成功していますが、1995年リリースのアルバム『A Boy Named Goo』は、そのハードな部分とアメリカン・ロックなサウンドが程よくミックスされていて聴きごたえがあります。

インディーズのころから実力派バンドとして人気があったため、「アメリカで最も有名な無名バンド」のコピーが付けられていた時期があり、それは、アルバム『A Boy Named Goo』の国内盤CDの帯にも書かれていたものです。

Goo Goo Dolls - Naked

Dinosaur Jr.(ダイナソー Jr.)

オリジナルメンバー

J・マスシス(Joseph Donald Mascis)Vo、G
ルー・バーロウ(Lou Barlow)B
マーフ(Murph)Dr

Green Mind

1991『GREEN MIND』

 

1984年にアメリカマサチューセッツ州にて結成。

1991年のアルバム『GREEN MIND(グリーン・マインド)』がヒットし、オルタナ、グランジを象徴するバンドとしてNIRVANAやMy Bloody Valentineらとシーンを牽引します。

インディーズ時代からこのアルバムくらいまでの楽曲にみられる、乾いた轟音ギターサウンドが、このバンドのイメージになっています。

93年には『ホエア・ユー・ビーン(Where Have You Been)』をリリースしますが、次第にJ・マスシスのソロプロジェクトの様相になり、7枚のアルバムをリリースして97年に一度解散します。

解散後も、フロントマンのJ ・マスシスはソロ名義で活動を続け、2005年に突如再結成し、その後はコンスタントにアルバムをリリースしています。

Dinosaur Jr. - The Wagon

Nirvana(ニルヴァーナ)

メンバー

Kurt Cobain(カート・コバーン)Vo、G
Krist Novoselic(クリス・ノヴォセリック)B
Dave Grohl(デイヴ・グロール)Dr

Smells Like Teen Spirit

1991『Nevermind』

 

1987年、アメリカワシントン州で結成され、89年にシングル「ラヴ・バズ」でデビューを飾ります。

その後、レコード会社を移籍し、91年に2ndアルバム『Nevermind(ネヴァーマインド)』をリリース。

中低音域中心のヘヴィなサウンドは、当時の流行とは異なる作風だったものの、1stシングル「Smells Like Teen Spirit」のヒットに連動し全米1位を獲得。

一躍トップ・バンドとなるだけでなく、世界中にファッションを含め、グランジ・ブームを巻き起こしますが、成功の重圧に耐えられなくなったカート・コバーンが94年4月に自殺、バンドは解散を余儀なくされました。 

解散後、メンバーのひとり、デイヴ・グロール(Dave Grohl)は、新たに Foo Fightersを結成し、成功を収めています。

そんな8年の活動期間のバンド Nirvana の代表作『Nevermind』および「Smells Like Teen Spirit」は、90年代を代表するアルバム&楽曲と言えます。

Nirvana - Smells Like Teen Spirit

Blink-182(ブリンク-182)

メンバー

Tom DeLonge(トム・デロング)(Vo、G)~2015年
Mark Hoppus (マーク・ホッパス)(Vo、B)
Travis Barker(トラヴィス・バーカー)(Dr)1998年~
Scott Raynor (スコット・レイナー)(Dr)~1998年
Matt Skiba(マット・スキバ)(Vo、G )2015年~

エニマ・オブ・アメリカ+6

1999『Enema of the State

 

1992年結成、米カリフォルニア州サンディエゴ出身のポップ・パンク・バンド。

97年にアルバム『Dude Ranch(デュード・ランチ)』でメジャー・デビュー。

99年の3rdアルバム『Enema of the State(エニマ・オブ・ザ・ステイト)』が大ヒットを記録し、ポップ・パンクの代表的バンドとして世界的な人気を獲得。

2005年2月に無期限の活動停止を発表するも、2009年に復活を宣言し、2011年に6thアルバム『Neighborhoods(ネイバーフッズ)』を発表。

2015年にトム・デロングが脱退し、マーク・ホッパス、トラヴィス・バーカーの2名となるも、2016年にマット・スキバが加入した新体制でのアルバム『Californiaカリフォルニア』をリリース。

その脱退したトム・デロングは、バンドAngels & Airwavesのかたわら、UFO研究家として『年間最優秀UFO調査者』に選ばれるなど、なかなか個性的な活動を続けています。

blink-182 - All The Small Things

Green Day(グリーン・デイ)

メンバー

Billie Joe Armstrong(ビリー・ジョー・アームストロング)Vo、G
Mike Dirnt(マイク・ダーント)B
Tre' Cool(トレ・クール)Dr

Dookie

1994『Dookie

 

アメリカカリフォルニア州にて1987年に結成したメロディック・パンク・バンド。

1990年にデビューし、94年のメジャー・デビュー・アルバム『Dookie(ドゥーキー)』は全世界で1000万枚を超えるセールスを記録、翌年リリースの『Insomniac(インソムニアック)』もヒットを記録します。

2000年代に入ると、一本気なパンクだけでなく、より音楽性に富んだ作風へと変化していきます。

そして、2004年のパンク・オペラ作『American Idiot(アメリカン・イディオット)』はアメリカ、イギリスなどで1位を記録し、グラミーの最優秀レコード賞を獲得。

2015年にはロックの殿堂入りも果たしています。

Green Day - Basket Case