読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリクリ続編の音楽担当も!the pillows というミュージシャンズミュージシャンなバンド

NOOK IN THE BRAIN (初回限定盤(CD+DVD))

 『NOOK IN THE BRAIN』

21枚目のニューアルバムがリリース

21作目のニューアルバム「NOOK IN THE BRAIN」。

「NOOK IN THE BRAIN」は、憂鬱から脱け出せた僕の哲学と希望が鳴り響いてるアルバムです。/山中さわお

the pillows 21st ALBUM『NOOK IN THE BRAIN』より引用しました

英語で「脳みその端っこ」を意味するタイトルが付けられ、頭の隅っこに隠れている人生をよりハッピーできるアイデアがあるのなら、それを身にまとって生きて行こうというような前向きな内容。

30分ほどのコンパクトにまとまった作品は、山中さわおから繰り出される、ちょっとひねくれた歌詞と、オルタナティブ・ロックが前面に打ち出された10曲が収録されていて、自然とリピートして聴いてしまう感じです。

 

www.youtube.com

コンスタントに作品をリリースし続けるバンド the pillows

バンドスコア the pillows  / Best Collection II (バンド・スコア)

1989年結成のスリーピース・ロック・バンド。

現在のメンバーは、山中さわお(vo,g)、真鍋吉明(g)、佐藤シンイチロウ(ds)。

長く日本のロック・シーンで活躍し、海外でも人気を誇ります。

1989年、山中さわお(Vo, G)真鍋吉明(G)佐藤シンイチロウ(Ds)上田ケンジ(B)で結成。

1991年にシングル「雨にうたえば」でメジャーデビュー。

1992年、上田ケンジが脱退。

1996年にリリースしたシングル「ストレンジカメレオン」から、さらにロック色の強いサウンドへ向かい、それとともにライブ・バンドとしても大きな評価を得る。

2004年、結成15周年を記念して初のトリビュート盤をリリース。

2005年にはアメリカ・ツアーを敢行。

2009年9月、結成20周年を記念し日本武道館公演を行い、1万の座席が即完。

2014年、2作目となるトリビュート盤をリリース。

フリクリ(FLCL)続編の音楽担当も

FLCL Original Sound Track No. 03

「フリクリ(FLCL)」は2000年から2001年にかけてOVA作品としてリリースされたアニメシリーズで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を手がけた鶴巻和哉の初監督作品として知られています。

この作品の中で、楽曲が20曲以上も使用されたおかげもあってか、the pillowsは海外での知名度が高いバンドのひとつになっています。

今回、Production I.Gと米国カートゥーンネットワークの共同制作となる続編では、鶴巻がスーパーバイザーを務めるほか、本広克行が総監督を、貞本義行がキャラクター原案を担当するそうです。

前作に続きthe pillowsが音楽を担当。テーマソングと劇伴を提供することが決定しており。アメリカにて2017年末または2018年初頭の放送開始が予定されています。

すでに二枚のトリビュートアルバムがリリース

一作目はどちらかといえば同世代のミュージシャンによってカバーされ、二作目は、the pillowsを聴いてきた若い世代のミュージシャンによってカバーされています。

オリジナルに負けないくらいの名演もあり、聴き比べても楽しいかもしれません。

  結成15周年記念でリリース「SYNCHRONIZED ROCKERS」

シンクロナイズド・ロッカーズ

1. Runners High / ストレイテナー
2. Funny Bunny / ELLEGARDEN
3. 巴里の女性マリー / The ピーズ with クハラカズユキ
4. Vain Dog(in rain drop) / noodles
5. この世の果てまで / YO-KING
6. カーニバル / 佐藤竹善
7. Little Busters / GOING UNDER GROUND
8. Our Love And Peace / SALON MUSIC
9. ハイブリッド レインボウ / BUMP OF CHICKEN
10. ストレンジ カメレオン / Mr. Children
11. Sad Sad Kiddie / YUTA.TOSHI.CHIHO and JIRO'S SESSION (from GLAY JIRO)

結成25周年記念でリリース「ROCK AND SYMPATHY -tribute to the pillows-」

ROCK AND SYMPATHY -tribute to the pillows-

1. White Ash / WHITE ASH
2. この世の果てまで / グッドモーニングアメリカ
3. インスタント ミュージック / 9mm Parabellum Bullet
4. Funny Bunny / Base Ball Bear
5. スケアクロウ / WEAVER
6. エネルギヤ / Scars Borough
7. ノンフィクション / 東京カランコロン
8. 開かない扉の前で / カミナリグモ
9. Fool on the planet / UNISON SQUARE GARDEN
10. カーニバル / シュリスペイロフ
11. Blues Drive Monster / a flood of circle
12. ハイブリッド レインボウ / ふくろうず
13. ストレンジ カメレオン / 髭
14. No Substance / THE BOHEMIANS

山中さわおは「The Predators」としても活動

ROCK'N' ROLL PANDEMIC(初回生産限定盤)(DVD付)

山中さわお(Guitar & Vocal / the pillows)

JIRO (Bass / GLAY)

ナカヤマシンペイ(Drums / STRAIGHTENER 〜2008年)

高橋宏貴(Drums / Scars Borough・ELLEGARDEN 2010年〜)

 

それぞれ自身のバンド活動とは違って、自分たちのロックンロール・アイドル、ニルヴァーナ (Nirvana)をモチーフとしたサウンドが特徴で、最新作では、Ramonesがモチーフになっています。

www.youtube.com

 さいごに

 91年の「MOON GOLD」から、2017年の「NOOK IN THE BRAIN」まで21枚、コンスタントに新作をリリースしている数少ないバンドのひとつthe pillows。

5月からの「NOOK IN THE BRAIN TOUR」で全国をまわりながら、「フリクリ」の音楽のアイデアをひねり出すのでしょうか。

これからのさらなる活躍を期待します。