ASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュート盤に参加してるミュージシャン12組って?

AKG TRIBUTE

2017年3月29日に、バンド結成20周年を記念してリリースされるASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」。
そのトリビュート盤に参加している12組のアーティストをまとめてみました。

1. ソラニン / yonige

大阪発のガールズバンド。メンバーはごっきん( Bass/Chorus)牛丸ありさ(Vocal/Guitar)の2人。

どこかノスタルジーを感じるギター・ロックが特色。

2. 未来の破片 / 04 Limited Sazabys

名古屋発、2008年に結成された4ピースバンド。

2015年4月にアルバム『CAVU』でメジャー進出を果たします。

GEN(Vo.)のハイトーンボイスから繰り出されるパワーポップやメロコア寄りのキャッチーで疾走感溢れる楽曲が特色。

3. Re:Re: / じん

1990年10月20日生まれ、北海道利尻島出身のボカロP兼、作詞・作曲家、小説家など、多岐にわたって活躍するマルチクリエイター。

2011年よりボカロPとして動画投稿を開始し、“カゲロウプロジェクト”の関連動画再生数が1億超となるすさまじいヒットを記録。

2012年5月の1stアルバム『メカクシティデイズ』がチャート上位にランクインするなど人気に。

4. 夏の日、残像 / amazarashi

青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたバンド。

日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、前編スクリーンをステージ前に張ったままタイポグラフィーと映像を映し出し行われる独自のライブを展開する。

amazarashi official web siteより引用しました

5. リライト / Creepy Nuts [R-指定&DJ松永]

近ごろでは、テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』などTV番組でも活躍する、大阪府堺市出身のMCバトル日本一のラッパー「R-指定」と、新潟県出身東京都在住のターンテーブリストであり、トラックメイカーとして活躍する「DJ 松永」による1MC1DJの凄腕ヒップ・ホップ・ユニット。

6. 迷子犬と雨のビート / シナリオアート

ロック、エレクトロニカ、シューゲイズなどの音楽要素をポップで包み込んだ馴染みやすいメロディが特色な、男女ツインボーカルの3ピースバンド。

7. ブラックアウト / LILI LIMIT

2012年に結成された、山口県出身のロックバンド。

2013年より現在の牧野純平(vo)、土器大洋(g)、黒瀬莉世(b)、志水美日(key)、丸谷誠治(ds)の5名編成に。

2016年7月に『LIVING ROOM EP』でメジャー・デビューを果たしました。

8. N.G.S / 夜の本気ダンス

“踊れて泣ける100%のダンス・ロック”を掲げる、京都発、2008年結成のダンス・ロック・バンド。

2016年3月にアルバム『DANCEABLE』でメジャー・デビューを果たしました。

9. アンダースタンド / BLUE ENCOUNT

熊本発のエモーショナル・ギター・ロック・バンド。

メンバーは田邊駿一(vo,g)、江口雄也(g)、辻村勇太(b)、高村佳秀(ds)の4名。

強靭かつ破壊的なサウンドに、メッセージ性の強い詞世界、感情あふれる田邊駿一の歌声が特色。

2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャー・デビューを果たしました。

熱量の高いライブではメンバーもファンも思わず泣いてしまい、「号泣ロックバンド」との称号も。

10. ムスタング / リーガルリリー

東京発、たかはしほのか(Vo.&Gt.)、白石はるか(Ba.)、ゆきやま(Dr.)からなる

3ピースガールズバンド。

11. 君の街まで / never young beach

はっぴいえんどなど、70年代の元祖シティ・ポップのサウンドからの影響もうかがえる、昭和なにおいのするトリプルギターのアンサンブルが心地よいバンド。

メンバーは、松島皓(Gt)、阿南智史(Gt)、安部勇磨(Vo&Gt)、巽啓伍(Ba)、鈴木健人(Dr)、の5名。

また、スピードスターレコーズより、次回作でのメジャーデビューが決定しています。

12. 踵で愛を打ち鳴らせ / the chef cooks me

東京下北沢で2003年に結成されたロックバンド。

現在は下村亮介(vo,key,per)、佐藤ニーチェ(佐藤雅之)(g)、イイジマタクヤ(飯島拓也)(ds)の3名で活動。

ポップスやロックなどさまざまな要素を取り入れたサウンドとライブなどでの個性的なパフォーマンスが人気を呼んでいます。

13. 君という花 / KANA-BOON

2017年、音楽以外でも話題なっている、大阪・堺発のロック・バンド。

メンバーは谷口鮪(vo,g)を中心に、古賀隼斗(g,cho)、飯田祐馬(b)、小泉貴裕(ds)の4名。

2013年にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビューを果たしました。

さいごに

 
それぞれのミュージシャンが、原曲をどうアレンジしたか楽しみ。
映画『ソラニン』の主題歌以来のコラボ、浅野いにおのイラストが目を惹くジャケ写も話題になりそうです。