読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聴きたい!静かに心をあたためてくれる女性ミュージシャンまとめ

forget me not

どうやって形容することがふさわしいのか迷います。

ナチュラルな、オーガニックな、清涼感のある、透明感のある、アコースティックな、のようなことばがクロスオーバーしているようなサウンドと歌声にヒーリング効果がありそうな日本の女性ミュージシャンの方々。

冬の陽光のように、静かにやさしく心をあたためてくれる音楽というか。

別野加奈

1991年生まれのシンガーソングライター。音楽家、映像作家。筑波大学人文・文化学群日本語・日本文化学類卒業という肩書きを持ちます。

彼女の音楽は、どこまでも繊細かつ透明でクリアな歌声と、どこまでも優しく、ときに憂いを帯びたピアノの旋律が、唯一無二の世界観を生み出しています。

曲調はアンビエントフォーク、映画音楽、あるいは環境音楽などさまざまなジャンルをクロースオーバーしており、スローテンポなバラードが多めです。

その歌は、あなたをやさしく包み込んで心を溶かす。思わず涙が溢れ出す。

別野加奈 「forget me not」 - more recordsより引用しました

lost summer day dreaming - 別野加奈

Predawn

 2008年よりPredawnの名前で活動を開始した、1986年生まれのシンガー・ソングライター清水美和子のソロ・プロジェクト。

フジロックやサマソニなど数々の大型フェス参加や地道なライブ活動を重ねながら、2013年3月に1stフルアルバム「A Golden Wheel」をリリース。オリコンインディーズチャートで1位を獲得。

そんな彼女のやわらかく澄んだ歌声と凛としたたたずまいの弾き語りに、ついつい癒されてしまいます。

Predawn - Suddenly

Nozomi Nobody

細い針にスーッときれいな白い糸を通すように、繊細で凛とした歌声が魅力。

様々な音楽を絶妙なバランスで昇華した楽曲群は、ノラ・ジョーンズやジュディ・シル、フロー・モリッシーなど、海外のシンガーを彷彿させると同時に、古き良きジャパニーズフォークやポップスの香りも感じさせる。

Nozomi Nobodyより引用しました。

北欧あたりの澄み切った朝の空気に包まれたような音楽。聴いていると地上の汚れみたいなものを少しずつ浄化してくれている錯覚にもなります。

Nozomi Nobody - Someday

Rayons

音大にて、クラシック、管弦楽法、ポップス、スタジオワークなどを学んだ現代音楽家・中井雅子のソロプロジェクト。

彼女が紡ぎ織りなす世界は、ファンタジーとダークネスな感情が重なり共鳴し特有の美しさとノイズを生み出している。

Rayons Official Siteより引用しました

 やわらかな透明感はもちろんのこと、70年代のフランス映画のサウンドトラックを現代風にしたかのような情熱と気品に満ちた雰囲気があります。

Rayons ft. Predawn - Waxing Moon

sugar me

ポップでアコースティックなサウンドが心地よい、北海道出身のシンガーソングライター寺岡歩美のソロプロジェクトsugar me。

どちらかというと内省的な音楽な印象のジョン・レノン、エリオット・スミス、ニック・ドレイクなどのミュージシャンを、彼女がお気に入りに挙げていたりする意外な一面も。

その透明感のある澄んだ歌声は商品イメージと相性抜群なのか、花王「ビオレ」やカネボウ「コフレドール」ユニクロ「AIRism(エアリズム)」ほか数多くのCMの歌唱も担当されています。

sugar me - Rabbit Hole Waltz