読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聴きたい!ロックとコラボしてるアイドルたち

ポスト過多ストロフィー

ロックなアイドルってカッコイイです。

肩書きだけアイドルを名乗っていて、複数の女性ボーカルがロックな曲を歌ってるイメージ。

そこには、仕掛け人的なプロデューサーの思惑が渦巻いてるんだけど、その思惑にまんまとハマるみたいな。

王道のアイドル路線ってのもいいのかもしれませんが、海外フェスで屈強なメタラーを前に堂々とパフォーマンスするBABYMETALの姿なんかは、とても新鮮な光景に映ります。

また、ジャンルをクロスオーバーして、エレクトロニカ、スクリーモ、EDM、ラウド、メタル、などが複合的に絡まり、まずは楽しもう!な楽曲が多いのも特徴かもしれません。

アイドル ✖ ラウドロック = ゆくえしれずつれづれ

2015年始動の『だつりょく系げきじょう系』をコンセプトに掲げ活動するアイドルユニット。

ラウド・ロックなものからノイジーでポップな曲、かと思えばJ-POPやアイドル・チューンな曲調のものなど、さまざまな要素が入り混じったサウンドが魅力。

スクリームな激情部分とポップな脱力部分がほどよいバランスを保ち、アルバムを通して聴きたくなる多彩さを持ち合わせています。

ゆくえしれずつれづれ - ポストカタストロフ

アイドル ✖ ラウドロック = PassCode

2013年に大阪で始動。2014年に方向転換して現在の音楽スタイルに。

グループを立ち上げ、楽曲制作を行ってきたサウンド・プロデューサーの平地孝次氏が手掛けるラウドロックやEDMなどの要素を複合した個性的なサウンドと、メンバー今田夢菜のシャウトやスクリームが特徴

ヘヴィでラウドなバンドサウンドにとどまらず、元来のアイドルらしいキャッチーなポップさが混在する楽曲も魅力です。

PassCode - MISS UNLIMITED

アイドル ✖ パンクロック = BiSH

『日本の楽器を持たないアイドル・パンク・バンド』がコンセプト。

そのバンド名は Brand-new idol SHiT の略で“新生クソアイドル”の意味。

BiSの仕掛け人、渡辺淳之介とプロデューサーの松隈ケンタが再びタッグを組み2015年3月に始動、2016年5月にメジャーデビューを飾ります。

BiSH - オーケストラ

アイドル ✖ パンクロック = BiS

グループ名は、Brand-new idol Society(新生アイドル研究会)から。

2010年11月より始動。2012年にメジャーへ進出するも2014年に惜しくも解散。

しかし、2016年にリーダーだったプー・ルイ、マネージャーの渡辺淳之介、サウンドプロデューサーの松隈ケンタの3人によって再始動がアナウンスされ、プー・ルイとオーディションで選出されたメンバーによる新体制で再始動を果たします。

BiS 再始動と、BiS を再現したBiSH って、それほどアイドルに詳しくないロック好きな人からすれば、すこしわかりづらいかもしれません。

BiS - CHANGE the WORLD

アイドル ✖ ヘヴィメタル = 偶想Drop

『世界で一番激しいIDOL!』をスローガンに活動するアイドルグループ。

重厚なギターリフはもちろん、デスボイスやスクリームなど、ヘビィメタルそのもののサウンド。

そうかと思えば、青春パンクからコミカルな楽曲まで曲の振り幅も広く、ライブでパフォーマンスを見たくなる騒動に駆られます。

偶想Drop - 偶神

アイドル ✖ ヘヴィメタル = BABYMETAL

2010年に結成された、SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALからなるガールズ・メタル・ユニット。

2016年はアルバム『METAL RESISTANCE』が、ビルボード総合チャートで39位の快挙を達成し、2017年になってからも、Metallica のワールドツアーや Guns N' Roses の来日ツアーのサポート・アクトを務めるなど、完全にアイドルの域を超えた存在になっています。

軒並み海外のメタル雑誌の表紙に起用されているのを見ていると、『アイドルとメタルの融合』は成功しているのでしょう。

また、忘れはいけないのが、バックバンドながら、BABYMETALの核ともいえる凄腕ミュージシャンの集合体「神バンド」の存在で、彼らの卓越した演奏が国内はもとより海外のロックファンも納得させていそうです。

BABYMETAL - KARATE

アイドル ✖ ポストロック = sora tob sakana

2014年に結成されたアイドルユニット。

ユニット名の由来は、『未完成が完成に近づけるように、空に飛び立っていけるように、一歩ずつ空を目指して成長していく』との願いが込められたもの。

残響系のロックバンド、ハイスイノナサの照井順政がプロデューサーを務めているので、ポストロックやエレクトロニカ色の強い楽曲と世界観が前面に押し出されています。

その刹那的な焦燥感あふれるサウンドと、あどけない少女という印象のメンバーたちの儚い佇まいに絶妙にマッチしています。

sora tob sakana - 夏の扉

アイドル ✖ オルタナティブロック = おやすみホログラム

2014年5月に始動した2人組アイドルユニット。

こちらも音楽ジャンルを軽くまたいで活動を展開していて、クラブやハードコアなライヴハウスへの出演など活躍の場は多岐にわたっています。

すこし気だるいグランジやオルタナティブなサウンドに定評がありながらも、最新のアルバムでは、さらに進化したともとれるダンス調のものに変化したりしています。

おやすみホログラム - too young