邦楽

米津玄師という、ボカロP出身のマルチ・クリエイター

米津玄師というマルチなミュージシャン 米津玄師KENSHI YONEZU本名 / 徳島県出身別名義:ハチ作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・イラスト・アニメーション動画 プロフィール | 米津玄師 | ソニーミュージック オフィシャルサイトより引用し…

17歳とベルリンの壁、という日本のシューゲイザーバンド

17歳とベルリンの壁、というシューゲイザーバンド biography | 17歳とベルリンの壁より 彼らのオフィシャルページをのぞくと、 2013年、東京都内で活動開始。 シューゲイザー、ギターポップ、ドリームポップに影響を受けた音像。 ポップながらどこか低体温さ…

FINLANDSという、聴いたらカッコイイ曲ばかりの女性2人組バンド

2人組女性ロック・バンド FINLANDSより 前身となるバンド「THE VITRIOL」の活動休止後、2012年に、塩入冬湖(Vo.Gt)とコシミズカヨ(Ba.Cho)により結成された、直球の歌ものギター・ロックで勝負する神奈川発のバンド。 塩入(Vo,Gt)のエモーショナルかつ…

ササノマリイという、ボカロP出身のシンガーソングライター

稀代のクリエイター ササノマリイ official web siteより エレクトロニカを基調に、ロックやポップ、クラブサウンドなど多彩なジャンルの音楽を独自に昇華させたサウンドや、温かみのあるメロディに対して、内相的でシリアスな歌詞だったりというギャップが…

聴いておきたい!ピアノ弾き語り邦楽女性ミュージシャン5選

小谷美紗子(おだにみさこ) 1977年生まれ京都府出身のシンガー・ソングライター。 1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに9枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。魂を揺さぶる唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、…

「宇宙コンビニ」から「JYOCHO」へ、進化するプログレ・ポップ・サウンド

プログレッシブ・ポップ ”プログレッシブ・ポップ”を掲げた京都発のバンド「宇宙コンビニ」がデビューしたのは、2012年のこと。 様々なジャンルを通過した音楽性から個々の解釈でポップに消化し、独自の世界観を産み出す。 宇宙コンビニ OFFICIAL WEB SITEか…

クオリティ高っ!ONE OK ROCK(TAKA)の洋楽カバーまとめ

2017年1月にリリースされたアルバム『Ambitions』のセールスが好調なロック・バンドONE OK ROCK。 同アルバムを引っ提げ、5月まで国内ツアーを実施、8月からはワールドツアー「ONE OK ROCK AMBITIONS WORLD TOUR 2017」を開催します。 We'll be headlining t…

満島ひかり出演のMVも話題に、MONDO GROSSO が14年ぶりのアルバムリリース

MONDO GROSSO って? プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一のソロ・プロジェクト MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)。 大沢伸一(おおさわしんいち) 音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。主な活動はMONDO GROSSO、AMPS、Thousand Tears Orchestra、LN…

聴きたい!和製〇〇の異名を持つミュージシャン5選

和製 Jamiroquai(ジャミロクワイ) Suchmos 2013年に神奈川で結成された6人組の音楽グループ。 彼らの楽曲『STAY TUNE』のミュージックビデオが発表されたころ、和製 Jamiroquai と呼ばれることがありました。 現在では、ROCK、JAZZ、HIP HOPなど多彩なジャ…

今やりたい音楽をやる!お面を取ったミュージシャン『日高央』(ヒダカトオル)

やりたい音楽をやり続けるミュージシャン あんま上手くいかんかった……けどLIVE前のウォーミングアップになったんで良き pic.twitter.com/oiNmNyPqSv — 日高央(ひだかとおる) (@hidakatoru) 2017年2月10日 日高 央(ひだか とおる) 1968年6月5日、千葉県生ま…

中村一義という、進化を続けるシンガーソングライター

デビュー20周年で初のセルフカバーアルバム デビュー20周年を記念して、自身初のセルフカバーアルバム「最高築」がリリースされました。 代表曲の数々がバンドサウンドで新たに再構築されており、合わせて今回のアルバムバージョンの『キャノンボール』のミュ…

聴きたい!ミュージシャンの想いが詰まった「東京」をテーマにした曲たち

東京をテーマにした曲って結構あります。 それぞれ、地方都市から上京し生活する中で、不安や葛藤や覚悟なんかを歌っていたりする曲が多いため、おのずと心に響いてきます。 また、歌詞に登場する地名や沿線名など、東京にまつわるワードから、当時のミュー…

聴きたい!女1人男2人の邦楽スリーピースバンドたち

女性1人、男性2人で構成された日本のスリーピースバンドをまとめてみました。 このような編成は、”ドリカム編成”と呼ばることも。 ただ、この編成の一般的なイメージは、”女性の立ち位置が真ん中で、ボーカルの場合”、のような気がしますが、下記のバンドた…

ハイスタ に NAMBA69『難波章浩』という、前に歩き続けるロック・ミュージシャン

難波章浩 1970年6月9日、東京都中野区で生まれ、新潟県で育つ。 アルビレックス新潟の応援ソング『We are ONE』を手掛けるなど、新潟LOVEな一面も。 【難波章浩 掲載情報】11月18日発売号の ”新潟WEEK!”では表紙、インタビュー、グルメランキングと各所に難…

2017年「お笑い芸人」が出演しているミュージックビデオまとめ

邦楽ミュージックビデオの”あるある”のひとつに、「お笑い芸人が出演している」が挙げられるのではないでしょうか。 過去をさかのぼれば、なかなかの数のミュージックビデオがあって、その流れは今年も変わりません。 モデルや女優など「美女が出演している…

捨て曲が1曲しかない!2nd Album『XXL』が楽しみな岡崎体育

2016年一気にブレイクした岡崎体育 1989年生まれ、京都府出身、自らの音楽を出身地にちなんで「BASIN TECHNO(盆地テクノ)」とし、その伝道師とする岡崎体育。 2016年、再生回数一千万回を超えるミュージックビデオのあるあるを表現した『MUSIC VIDEO』のMV…

シンガーソングライターの二人の共鳴が楽しみな「橋本絵莉子波多野裕文」

「People In The Box」波多野裕文 People In The Box は、2005年、福岡県で結成された3ピース・バンド。 波多野裕文(vo、g)、山口大吾(ds)に、福井健太(b)が2008年に加入し、現在のメンバー編成に。 2007年、1stミニ・アルバム『Rabbit Hole』をリリー…

Janis JoplinとGLIM SPANKYと「I STAND ALONE」と

Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン) “Janis was fearless with her pain and with her truth.” - @Pink #Janis #Queen #Legend pic.twitter.com/pLZWpbzVC3 — Janis Joplin (@JanisJoplin) 2017年3月29日 1943年1月19日、アメリカテキサス州生まれ。 1966…

ヤバイTシャツ屋さんと岡崎体育と遊び心と

2016年メジャーデビューしたバンド「ヤバイTシャツ屋さん」 2012年に大阪芸術大学のサークルで結成され、地元大阪を中心に活動を開始。 大阪を拠点に活動する、こやまたくや・しばたありぼぼ・もりもりもとによる3人組ガールズテクノポップユニット。躍動感…

HNK朝ドラ出演も!銀杏BOYZと俳優を両立する「峯田和伸」

HNK朝ドラ「ひよっこ」に出演している 峯田和伸 【ひよっこ】放送中のNHK 朝の連続テレビ小説「ひよっこ」に峯田和伸がヒロインの叔父・小祝宗男 役で出演しています。放送時間<総合>(月〜土)午前8時〜8時15分<BSプレミアム>(月〜土)午前7時30分〜7…

竹原ピストルという、人生の応援歌をうたい続けてくれるミュージシャン

ニューアルバム「PEACE OUT」 本人も自信作という一枚がリリースされます。 今までで一番の自信作だと思っています。竹原ピストルって歌うたいがいるらしい。と、うっすら気にして下さっている皆さんには、まずこのアルバムを聴いて欲しい!!とお勧めできる…

吉澤嘉代子という妄想力高め個性派シンガーソングライター

妄想系シンガーソングライター 吉澤嘉代子 1990年6月4日生まれ、埼玉県川口市出身。 父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を開始。 2010年にヤマハ主催コンテスト「"The 4th Music Revolution" JAPAN FINAL」でグランプリとオーディエンス賞を…

フリクリ続編の音楽担当も!the pillows というミュージシャンズミュージシャンなバンド

『NOOK IN THE BRAIN』 21枚目のニューアルバムがリリース 21作目のニューアルバム「NOOK IN THE BRAIN」。 「NOOK IN THE BRAIN」は、憂鬱から脱け出せた僕の哲学と希望が鳴り響いてるアルバムです。/山中さわお the pillows 21st ALBUM『NOOK IN THE BRAI…

never young beach という昭和歌謡とインディーロックが融合したバンド

メジャーデビューが決定「never young beach」 2014年8月に結成された日本のロックバンド。 安部勇磨(vo,g)と松島皓(g)の宅録ユニットとして活動を開始し、2014年9月から阿南智史(g)、巽啓伍(b)、鈴木健人(ds)が加入して現在の5人組の編成に。 201…

聴きたい!邦楽スリーピース・ガールズ・バンドまとめ

少年ナイフ 1981年、当時会社員だった山野直子(vo,g)を中心に大阪で結成されたガールズ・オルタナティヴ・ロック・バンド。 1983年発表の1stアルバム『BURNING FARM』が85年にアメリカでリリースされると、海外のインディ・シーンでも注目を浴び、その後、…

amazarashi のベストアルバム「メッセージボトル」リリースを前に

MV『ヒーロー』 テレビドラマ「銀と金」の主題歌にもなっている楽曲「ヒーロー」のMV。 これまでのミュージックビデオやアートワークの映像が流れる集大成的なもので、今後後歌い続けるであろう曲たちから選ばれた初のベストアルバム”メッセージボトル”へと…

女性ギタリスト「田渕ひさ子」がかっこいい

ギタリスト 田渕ひさ子 福岡県出身、1975年生まれの女性ギタリスト。 19歳で「NUMBER GIRL」に加入し、2002年の解散後には「bloodthirsty butchers」に加入。 この経歴だけでも90年代にこれらのバンドを通過してきた音楽ファンからすれば、すごいバンドを渡…

Spotify Sessionsも!ピアノ弾き語りアーティスト『日食なつこ』

岩手発、ピアノ弾き語りアーティスト 1991年5月8日岩手県花巻市生まれ。 ピアノ弾き語りソロアーティスト。9歳からピアノを、12歳から作詞作曲を始める。高校2年の冬から地元岩手県の盛岡にて本格的なライブ活動を開始。 PROFILE - 日食なつこ日食なつこから…

尾崎裕哉、新曲「サムデイ・スマイル」のMVを聴いて

ミュージックビデオ『サムデイ・スマイル』が公開 尾崎裕哉の初めてのOfficial Music Video『サムデイ・スマイル』が公開された。というニュース。 すでに、各ラジオ局でヘビーローテーションが決定しているらしいです。 尾崎裕哉は、「同じような日々の繰り…

聴きたい!アコギが似合うピースフルな邦楽男性アーティスト3選

オーガニック系とかサーフ系ともカテゴライズされるアコースティックなミュージシャンがいます。 彼らのボーダーを越えてオープンであたたかなサウンドからは土や風や波を感じることができ、じんわり心に沁みてきます。 また、ロードムービー映画でバックパ…

back numberのミュージックビデオに出演している美女まとめ

昨年末には、初のベストアルバム「アンコール」をリリースしている、2004年に群馬県で結成されたバンド、back number(バックナンバー)。 メンバーは、Vocal & Guitar 清水 依与吏(シミズイヨリ)、 Bass 小島 和也(コジマカズヤ)、Drums 栗原 寿(クリ…

2017年、RADWIMPS「野田洋次郎」の健全な変態性は戻るのか

メディアでの露出が増えた2016年 大ヒット映画「君の名は。」のサントラを担当し、テレビ朝日「ミュージックステーション」など地上波に初登場。 Mステありがとうございました!なるべく横向いて弾く作戦が功を奏しました。TVに映っても大丈夫な感じに仕上げ…

小沢健二再始動『渋谷系』とよばれたミュージシャンたちの現在が気になる

『渋谷系の王子様』始動 昨年のハイスタを思い出させる、直前まで告知なしのゲリラ的リリースでインパクトを与えた小沢健二。 2月21日発売の朝日新聞の朝刊には、彼のモノローグも載った1面広告が。 オザケン19年ぶりシングル発売。今朝の朝日新聞にオザケン…

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュート盤に参加してるミュージシャン12組って?

2017年3月29日に、バンド結成20周年を記念してリリースされるASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」。 そのトリビュート盤に参加している12組のアーティストをまとめてみました。 1. ソラニン / yonige 大阪発のガールズバンド。メ…

yonigeという、ギターロックなガールズバンド

音楽勝負の潔さを感じるガールズバンド 日本語ロック、大阪寝屋川yonige yonigeより引用しました 公式サイトのプロフィールにはバンド年表などはなく、メンバー2人の名前と生年月日、担当パートのほかには上記のことしか記されていません。 日本語を大切にし…

聴きたい!静かに心をあたためてくれる女性ミュージシャンまとめ

どうやって形容することがふさわしいのか迷います。 ナチュラルな、オーガニックな、清涼感のある、透明感のある、アコースティックな、のようなことばがクロスオーバーしているようなサウンドと歌声にヒーリング効果がありそうな日本の女性ミュージシャンの…

さよならポエジーという、歌詞が詩的な日本語ロックバンド

歌詞とサウンドの両方がスーッと体に馴染む音楽に出会えたときって嬉しいもの。 なんとなく、お気に入りの衣服に出会ったときに似て、それがデニムやスニーカーだったら「これからどうやって着こなして(着古して)やろうか」ってなる感覚。 その音楽をリピ…

リーガルリリーという、グランジ直系のガールズバンド

少年ナイフ → チャットモンチー → リーガルリリー 少年ナイフといえば、90年代にニルヴァーナのUKツアーに同行したり、NOFXのファット・マイクが”少年ナイフ”と胸に描かれたバントTを着ていたりと、あちらのグランジやメロコア界隈でも高い評価を得ているガ…

聴きたい!ロックとコラボしてるアイドルたち

ロックなアイドルってカッコイイです。 肩書きだけアイドルを名乗っていて、複数の女性ボーカルがロックな曲を歌ってるイメージ。 そこには、仕掛け人的なプロデューサーの思惑が渦巻いてるんだけど、その思惑にまんまとハマるみたいな。 王道のアイドル路線…

聴きたい!詩が心に刺さる日本語ラッパーまとめ

『ラップ』と一口に言っても人によってイメージは違いそう。ゴリゴリの黒人ラッパーの姿が浮かんだり、MCバトル番組などで文字通りバトルを繰り広げている人気のラッパーを思い浮かべる方もいるのでは。 近ごろ日本で盛り上がりをみせているラップバトルでは…

聴きたい!オシャレでカッコイイ邦楽バンドまとめ

ここ数年で、ふたたび『シティ・ポップ』とよばれるジャンルが脚光を浴びていますが、その定義はなんとなくぼんやりとしていて、今ひとつしっくりくるようなものが見当たらなかったりします。たとえば、こちらでも シティ・ポップとは、日本のポピュラー音楽…

聴きたい!美メロな邦楽ピアノロックバンドまとめ

海外でピアノ・ロック・バンドといえば、1990年代に活躍した「ベン・フォールズ・ファイヴ(Ben Folds Five)」や2000年代に活躍した「キーン(Keane)」なんかを思い浮かべる方もいらっしゃるのでは。 Ben Folds Five 一方、日本国内でも負けず劣らず、ピア…