邦楽

2017年夏、秦基博が岡崎体育やバカリズムとコラボして楽しんでるみたい

ベスト盤もリリース 秦基博 6月にデビュー10周年ベスト「All Time Best ハタモトヒロ」をリリースしている、シンガーソングライター秦基博。 2006年に「シンクロ」でメジャーデビュー後、アコースティックギターを軸にした心に響く美しいサウンドの作品をコ…

Ryu Matsuyama という、美しすぎる旋律に心震えるピアノ・スリーピース・バンド

Ryu Matsuyama Ryu Matsuyama » ABOUT より Ryu(ピアノ・ボーカル)Tsuru(ベース)Jackson(ドラム) イタリアで生まれ育ち、20歳まで過ごしたフロントマンRyuを中心に、2012年に活動をスタートさせたピアノ・スリーピース・バンド。 ひと昔前に比べ、たと…

Craftneyという、70年代UKロック・サウンド愛にあふれるバンド

Craftney(クラフトニー) タナカヒサヨシヒナゴマサオアケタガワミツル 70年代ブリティッシュ・ロックへの愛情があふれているバンド。 The Beatles から Queen、Stackridge、ELO、 Elton John、Jerry Fish、10㏄ らを彷彿とさせる、どこかで聴いたことのあ…

聴きたい!オルタナティヴ・ロックな邦楽スリーピースバンド5選

オルタナティヴ・ロック(Alternative Rock) オルタナティヴ・ロック(Alternative Rock)は、ロックの一ジャンルである。日本ではオルタナティヴ、オルタナと略称されることが多い。 オルタナティヴ(Alternative)とは、「もうひとつの選択、代わりとなる…

聴きたい!ピアノが印象的な日本のインストゥルメンタル・バンド

メンバーに鍵盤が所属している、主にインストゥルメンタルな作品を発表している日本のバンドやユニットをまとめてみました。 ジャズやポストロックのジャンルにカテゴライズされることが多いですが、さまざまな音楽の要素に影響を受けており、もはやジャンル…

GEZAN という、無条件に感情を揺さぶってくる美しいバンド

新生 GEZAN の初音源がリリース 7inch E.P 『Absolutely imagination』 side A:Absolutely imaginationside B:ambient red 7月12日に、新メンバーを迎え、再始動後の初音源「Absolutely Imagination」がリリースされました。 『Ambient Red』は壮大でエモ…

ニトロデイという、90年代オルタナティヴ・ロックに影響を受けたバンド

ニトロデイ 横浜発の4人組バンド。 メンバーは、まだ3人が高校生。 小室ぺい 17歳(ギボ)やぎひろみ 17歳(ジャズマスター)松島早紀 18歳(ベイス オン ベイス)岩方ロクロー 19歳(ドラムス) 2016年12月にロッキング・オンが主催するアマチュアバンドコ…

トレモノという『波打ち際のメロディ』も話題のアイランドポップなバンド

トレモノ(TOREMONO) 2009年に東京で結成された、沖縄県は石垣島出身が3名、西表島出身1名からなる4人組バンド。 2013年に開催された、タワーレコード主催オーディション「Knockin’ on TOWER’ s Door vol.3」にてグランプリを獲得し、一躍話題に。 いやぁ〜…

AmPm(アムパム)という、謎の覆面二人組エレクトロ・ユニット

AmPm(アムパム) http://ampm.tokyo/about/ より 世界最大の音楽ストリーミングサービス Spotify をきっかけに海外で話題の、AmPm [æm / pæm]アムパムと発音する、日本の二人組クリエイティブユニット。 アーティスト写真では覆面を被っており、その正体…

She, in the haze という、美しさと狂気が混在する世界標準なバンド

She,in the haze(シーインザヘイズ) 2012年に、フロントマンの yu-ki(Vo, G)を中心に結成。 現在のメンバーは、yu-ki(vo,gt)、akihiro(dr)、an(key)の3名。 「エレクトロニックなバンドサウンドと儚さを帯びた透明感あるヴォーカルで紡がれる、幻…

聴きたい!邦楽二人組ガールズ・ロック・バンド5選

数ある日本の女性ロック・バンドの中で、現在二人組で活動しているバンドを5組まとめてみました。 結成当初から二人で活動しているバンドから、メンバー脱退により二人になったバンドまで、その経緯はさまざまです。 コアなファンは、ライブの際のサポートメ…

聴いておきたい!邦楽男女二人組ユニット(デュオ)まとめ

海外の男女二人組ユニットといえば、80年代に活躍した Eurythmics(ユーリズミックス)などが思い浮かびますが、数ある日本の現役で活躍する二人組ユニットの中で、聴いておきたいユニットやデュオ、および、最新の作品をまとめてみました。 GLIM SPANKY(グ…

WANIMAだけじゃない!聴いておきたい邦楽スリーピース・ロックバンド

近ごろは、メロディック・パンク系ロック・バンド WANIMA が人気。 同ジャンルでは彼らのほかにも、数多くのスリーピース・バンドが活躍しています。 バンド結成当初から、スリーピースなバンドもあれば、メンバーチェンジや脱退、加入によって現在のメンバ…

米津玄師という、ボカロP出身のマルチ・クリエイター

米津玄師というマルチなミュージシャン 米津玄師KENSHI YONEZU本名 / 徳島県出身別名義:ハチ作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・イラスト・アニメーション動画 プロフィール | 米津玄師 | ソニーミュージック オフィシャルサイトより引用し…

17歳とベルリンの壁、という日本のシューゲイザーバンド

17歳とベルリンの壁、というシューゲイザーバンド biography | 17歳とベルリンの壁より 彼らのオフィシャルページをのぞくと、 2013年、東京都内で活動開始。 シューゲイザー、ギターポップ、ドリームポップに影響を受けた音像。 ポップながらどこか低体温さ…

FINLANDSという、聴いたらカッコイイ曲ばかりの女性2人組バンド

2人組女性ロック・バンド FINLANDS より 前身となるバンド「THE VITRIOL」の活動休止後、2012年に、塩入冬湖(Vo.Gt)とコシミズカヨ(Ba.Cho)により結成された、直球の歌ものギター・ロックで勝負する神奈川発のバンド。 塩入(Vo,Gt)のエモーショナルか…

ササノマリイという、ボカロP出身のシンガーソングライター

稀代のクリエイター ササノマリイ official web siteより エレクトロニカを基調に、ロックやポップ、クラブサウンドなど多彩なジャンルの音楽を独自に昇華させたサウンドや、温かみのあるメロディに対して、内相的でシリアスな歌詞だったりというギャップが…

聴いておきたい!ピアノ弾き語り邦楽女性ミュージシャン5選

小谷美紗子(おだにみさこ) 1977年生まれ京都府出身のシンガー・ソングライター。 1996年、シングル『嘆きの雪』でデビュー。これまでに9枚のオリジナルアルバム、 16枚のシングルをリリースしている。魂を揺さぶる唯一無二の歌で、音楽ファンのみならず、…

「宇宙コンビニ」から「JYOCHO」へ、進化するプログレ・ポップ・サウンド

プログレッシブ・ポップ ”プログレッシブ・ポップ”を掲げた京都発のバンド「宇宙コンビニ」がデビューしたのは、2012年のこと。 様々なジャンルを通過した音楽性から個々の解釈でポップに消化し、独自の世界観を産み出す。 宇宙コンビニ OFFICIAL WEB SITEか…

クオリティ高っ!ONE OK ROCK(TAKA)の洋楽カバーまとめ

2017年1月にリリースされたアルバム『Ambitions』のセールスが好調なロック・バンドONE OK ROCK。 同アルバムを引っ提げ、5月まで国内ツアーを実施、8月からはワールドツアー「ONE OK ROCK AMBITIONS WORLD TOUR 2017」を開催します。 We'll be headlining t…

満島ひかり出演のMVも話題に、MONDO GROSSO が14年ぶりのアルバムリリース

MONDO GROSSO って? プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一のソロ・プロジェクト MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)。 大沢伸一(おおさわしんいち) 音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。主な活動はMONDO GROSSO、AMPS、Thousand Tears Orchestra、LN…

聴きたい!和製〇〇の異名を持つミュージシャン5選

和製 Jamiroquai(ジャミロクワイ) Suchmos 2013年に神奈川で結成された6人組の音楽グループ。 彼らの楽曲『STAY TUNE』のミュージックビデオが発表されたころ、和製 Jamiroquai と呼ばれることがありました。 現在では、ROCK、JAZZ、HIP HOPなど多彩なジャ…

今やりたい音楽をやる!お面を取ったミュージシャン『日高央』(ヒダカトオル)

やりたい音楽をやり続けるミュージシャン あんま上手くいかんかった……けどLIVE前のウォーミングアップになったんで良き pic.twitter.com/oiNmNyPqSv — 日高央(ひだかとおる) (@hidakatoru) 2017年2月10日 日高 央(ひだか とおる) 1968年6月5日、千葉県生ま…

中村一義という、進化を続けるシンガーソングライター

デビュー20周年で初のセルフカバーアルバム デビュー20周年を記念して、自身初のセルフカバーアルバム「最高築」がリリースされました。 代表曲の数々がバンドサウンドで新たに再構築されており、合わせて今回のアルバムバージョンの『キャノンボール』のミュ…

聴きたい!ミュージシャンの想いが詰まった「東京」をテーマにした曲たち

東京をテーマにした曲って結構あります。 それぞれ、地方都市から上京し生活する中で、不安や葛藤や覚悟なんかを歌っていたりする曲が多いため、おのずと心に響いてきます。 また、歌詞に登場する地名や沿線名など、東京にまつわるワードから、当時のミュー…

聴きたい!女1人男2人の邦楽スリーピースバンドたち

女性1人、男性2人で構成された日本のスリーピースバンドをまとめてみました。 このような編成は、”ドリカム編成”と呼ばることも。 ただ、この編成の一般的なイメージは、”女性の立ち位置が真ん中で、ボーカルの場合”、のような気がしますが、下記のバンドた…

ハイスタ に NAMBA69『難波章浩』という、前に歩き続けるロック・ミュージシャン

難波章浩 1970年6月9日、東京都中野区で生まれ、新潟県で育つ。 アルビレックス新潟の応援ソング『We are ONE』を手掛けるなど、新潟LOVEな一面も。 【難波章浩 掲載情報】11月18日発売号の ”新潟WEEK!”では表紙、インタビュー、グルメランキングと各所に難…

2017年「お笑い芸人」が出演しているミュージックビデオまとめ

邦楽ミュージックビデオの”あるある”のひとつに、「お笑い芸人が出演している」が挙げられるのではないでしょうか。 過去をさかのぼれば、なかなかの数のミュージックビデオがあって、その流れは今年も変わりません。 モデルや女優など「美女が出演している…

捨て曲が1曲しかない!2nd Album『XXL』が楽しみな岡崎体育

2016年一気にブレイクした岡崎体育 1989年生まれ、京都府出身、自らの音楽を出身地にちなんで「BASIN TECHNO(盆地テクノ)」とし、その伝道師とする岡崎体育。 2016年、再生回数一千万回を超えるミュージックビデオのあるあるを表現した『MUSIC VIDEO』のMV…

シンガーソングライターの二人の共鳴が楽しみな「橋本絵莉子波多野裕文」

「People In The Box」波多野裕文 People In The Box は、2005年、福岡県で結成された3ピース・バンド。 波多野裕文(vo、g)、山口大吾(ds)に、福井健太(b)が2008年に加入し、現在のメンバー編成に。 2007年、1stミニ・アルバム『Rabbit Hole』をリリー…