読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Janis JoplinとGLIM SPANKYと「I STAND ALONE」と

Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)

 

1943年1月19日、アメリカテキサス州生まれ。

1966年、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに参加。

1967年、彼女の名を一躍知らしめることになる、モンタレー・ポップ・フェスティバルに出演。

ジミ・ヘンドリックスと共に圧巻のパフォーマンスを繰り広げ、観客を圧倒しました。

1968年リリースのライブアルバム『Cheap Thrills(チープ・スリル)』は全米8週連続1位を記録しミリオン・セラーに。

 

Cheap Thrills

 

1970年、彼女の理想とする音を具現化できるバンド、フル・ティルト・ブギと出会い、新たなアルバムのレコーディンも完成間近の10月4日、突然その短い生涯に幕を閉じました(享年27歳)。

1971年、遺作となったアルバム『Pearl(パール)』がリリース。

シングル「ミー・アンド・ボビー・マギー」は全米ナンバーワンとなり、アルバムも9週間全米第1位、シングル「ミー・アンド・ボビー・マギー」も初の1位を獲得しました。

 

Pearl

伝説のロック・シンガーと呼ばれる所以3つ

  1. 魂のこもった圧倒的な歌唱力と特徴のある歌声。
  2. ロックというジャンルを超え、ブルースやカントリー、はたまたジャズなどを融合した当時としては斬新なサウンドを目指していた点。
  3. 27歳という若さでの死。

www.youtube.com

GLIM SPANKY(グリム・スパンキー)

2007年に結成された長野県発の男女二人組ロック・ユニット。

メンバーは、1990年生まれの松尾レミ(Vo&G)と1990年生まれの亀本寛貴(G)。

2008年にはソニーミュージック主催の『ロック番長』で優勝、2009年には10代アーティスト限定のフェス『閃光ライオット』のファイナリストに選出。

2010年から現在の2人編成となり、2014年に1stミニアルバム『焦燥』でメジャーデビューを飾ります。

2015年7月に1stフル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』、2016年7月に2ndアルバム『Next One』をリリース。

 

3rdミニ・アルバム「I STAND ALONE」

I STAND ALONE(初回限定盤)(DVD付)

 

3rdミニ・アルバム「I STAND ALONE」がリリースされました。

サイケデリック・ロックな1曲目「I STAND ALONE」からアコーステック子守唄のような5曲目「お月様の歌」まで、フルアルバムのような聴きごたえある内容になっています。

前作に収録されている『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌にもなった「怒りをくれよ」が、速いテンポのロックだったのに比べ、4曲目に収録されている今回の作品のリード曲「美しい棘」はミディアムテンポな曲。

 

www.youtube.com

かつて、Janis Joplinの代表曲「MOVE OVER」をカバー

2014年、水原希子が出演したSUZUKI「ワゴンRスティングレー」のCMで、Janis Joplinの代表曲「MOVE OVER」をカバーして話題に。

 

www.youtube.com

 

ハスキーで存在感のある歌声の松尾レミ(vo,g)が、”ジャニス・ジョプリンの再来”、”10年にひとりの歌声”なんて騒がれました。

いきなり伝説のロック・クイーンと比較されては、本人もたまったもんじゃないでしょう。

松尾「私がたどってきた音楽、ルーツの中にジャニス・ジョップリンはいないんです。ジャニスになりたいわけでもないし、目指してもいない。CMで歌わせていただいたのは光栄ですし、そのおかげで注目が集まったのは、もちろんうれしいんですけど、ね(笑)」

新世代ロックユニット GLIM SPANKY / 女性のための美容とライフスタイルの情報サイトBimajin ビマジンより引用しました

当時のインタビュー記事で、特にJanis Joplinは意識していないと語っていて、とりあえず声質が似ているから歌ってみたのかと思っていたら、今回のミニアルバムのジャケット、サイケデリック=Janis Joplinに寄せてきてはいないか、と。

Janis Joplin個人ではなく、60~70年代の文化やファッション全般に影響を受けているということでしょうか。

 

また、業界人や著名人からの評価が高い、との記事をたびたび見かけてきました。

桑田佳祐や佐野元春などの大物ミュージシャンから、みうらじゅんやリリー・フランキーなどの著名人まで。

年齢は皆、60~70年代の洋楽ロックを通過してきた、50代から60代。

彼らからすると、20代の若者がやりがちではない、懐かしくも新しい音楽として受け入れられるのでしょう。

さいごに

まだ、Janis Joplinの享年の年齢27歳より若い、GLIM SPANKYのふたり。

今後も、彼らと同年代の世代から往年のロックファンまで楽しませてくれる作品が期待されます。