米津玄師という、ボカロP出身のマルチ・クリエイター

米津玄師というマルチなミュージシャン

米津玄師
KENSHI YONEZU
本名 / 徳島県出身
別名義:ハチ
作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・イラスト・アニメーション動画

プロフィール | 米津玄師 | ソニーミュージック オフィシャルサイトより引用しました

1991年3月10日生まれ、徳島市出身。

ハチは米津玄師がVOCALOID楽曲を発表する際の名義。

ボカロが歌う→ハチ 自分で歌う→米津 になります。

ざっくりとしたバイオグラフィー

2009年より「ハチ」という名義で、ニコニコ動画にボーカロイド(Vocaloid)楽曲を投稿、「マトリョシカ」をはじめ、数々のヒットを生み出します。


ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA

 

2012年5月にインディーズより米津玄師として初のアルバム「diorama」を発表。

同アルバムでは、全楽曲で、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスを自身で手がけているほか、さらに動画・アートワークまでもひとりで制作するという、マルチな才能を見せました。

diorama

2013年5月、シングル「サンタマリア」でメジャーデビュー。

2014年4月に米津玄師名義としては2枚目のアルバム「YANKEE」を発表。

収録曲「アイネクライネ」は東京メトロのCMソングにまりました。

YANKEE (通常盤)

2015年10月にはアルバム「Bremen」をリリースし、翌年1月からワンマンツアー「米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊」を実施。

Bremen

また、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の公式イメージソングとして、新曲「ナンバーナイン」を書き下ろし、同年9月に両A面シングルとして「LOSER / ナンバーナイン」をリリース。

LOSER/ナンバーナイン

イラストレーターの一面も

これまでリリースされたアルバムやシングルのジャケットアートワークは、米津自身によって描かれたイラストによるもの。

SNSにアップされている”むかしの絵”もかなりのクオリティーがあります。

2016年12月には、架空のかいじゅうをイラストと文章で紹介した初の単行本「かいじゅうずかん」を刊行しています。

かいじゅうずかん ([バラエティ])

「かいじゅうずかん」は、邦楽ロック誌『ROCKIN’ON JAPAN』で2013年8月号〜2015年12月号まで掲載していた、米津玄師の連載。毎月、米津自身がうみだした「架空のかいじゅう」を、イラストと文章で紹介。身体的な特徴から、どこに棲み、何を食べ、どう生きて、時には、どう死んでいくのかまで、、、、精緻なイラストと、息遣いまで感じられるテキストで、個性豊かなかいじゅうたちの物語を紡いできた。
この書籍化にあたり、新たに13体が描き下ろし、全41体のかいじゅうが登場。

音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)より引用しました

また、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」では、彼が手がけた描き下ろしイラストが展示されました。

ダンスのセンスも

「LOSER」のミュージックビデオでは、本格的なダンスに挑戦、切れ味鋭い踊りを初披露しています。

180cmを超える恵まれた身長、手足の長さを活かし、縦横無尽にスペースを動き回る躍動感のあるダンスは、振付を担当した先生からも「惚れ惚れする程美しい」と評されるほど。


米津玄師 MV「LOSER」

2017年も続く快進撃

「orion」

2月にテレビアニメ「3月のライオン」のエンディングテーマを表題曲とする「orion」をリリース。

orion(ライオン盤 初回限定)(CD+DVD+紙ジャケ)

「ピースサイン」

6月には「ピースサイン」をリリース。同曲はテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」のOPとして書き下ろしたもので、米津自身が幼少期の自分へ向けて、同時にアニメを観る子供たちを想像しながら制作したそうです。

【早期購入特典あり】ピースサイン(ピース盤 初回限定)(CD+DVD+ピースリング)(ステッカー付)

「砂の惑星」

ハチ名義としては4年ぶりとなる書き下ろしの楽曲「砂の惑星」を発表。

初音ミクの創作文化を体感できるイベント『初音ミク「マジカルミライ 2017」』のオフィシャルアルバムに収録されています。

初音ミク「マジカルミライ 2017」OFFICIAL ALBUM (初回限定生産)(DVD付)

さいごに

YouTubeでの「LOOSER」のMV再生回数は3000万回を超え、最新シングル「ピースサイン」のMVは、公開からわずか24時間で再生回数100万回を突破。新曲は常にタイアップと、話題の尽きない米津玄師。

まだ、果たしていないのは地上波登場くらいなもので、もし今年、地上波初登場なんてことになれば、さらにファンが増えるのではないでしょうか。