読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聴きたい!邦楽スリーピース・ガールズ・バンドまとめ

音楽まとめ 邦楽 音楽 ガールズバンド

HEMMING EP

少年ナイフ

1981年、当時会社員だった山野直子(vo,g)を中心に大阪で結成されたガールズ・オルタナティヴ・ロック・バンド。

1983年発表の1stアルバム『BURNING FARM』が85年にアメリカでリリースされると、海外のインディ・シーンでも注目を浴び、その後、欧米で人気を博し、海外ツアーも活発化。92年に『Let's Knife』にてメジャー・デビューを果たします。

当時は、日本人の女性3人組バンドが英語の歌詞でオルタナの音楽をやっているという物珍しさもあったのかもしれませんが、Nirvanaのカート・コバーンなどは少年ナイフを評価していて、お気に入りの50枚に先ほどのアルバム『BURNING FARM』を挙げていて、UKツアーではオープニングアクトに起用、彼らの唯一の来日公演の際には少年ナイフのライヴを観に行ったそうです。

少年ナイフ - 重力無重力

noodles

1991年に結成されたガールズ・バンド。

横浜を中心にライヴ活動を行ない、1995年に1stアルバム『重力泥棒』をリリース。

コカ・コーラのラジオCM曲を手掛けるなど、活動の場を広げていきます。

1999年から the pillows の山中さわおが代表の「DELICIOUS LABEL」に在籍。

ポップなメロディを活かしたインディ・ロック風のサウンドで支持を獲得しています。

Noodles - Beautiful Dreamer

tricot

2010年9月結成、中嶋イッキュウ(vo&g)、キダ モティフォ(g&cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(b&cho)による京都発のロック・バンド。

スリリングで中毒性高いサウンドと力強くも可憐なヴォーカルが特徴。

2015年2月にイギリスの「NME.COM」で特集記事が組まれ、4月には米の「Rolling Stone.com」の「あなたが知るべき10組のニューアーティスト」に選出されるなど、海外からの注目度も高いバンドです。

tricot - 爆裂パニエさん

the peggies

2011年5月から本格的に活動を開始した、ゆうほきたざわ(北澤ゆうほ:vo,g) 、メガマキコ(石渡万輝子:b)、ミニミク(大貫みく:ds)によるガールズ・バンド。

飾らない言葉で綴られた歌詞とメロディラインがスリーピース上で踊るオルタナ・ポップ。伸びやかで親しみのある北澤ゆうほの歌声も魅力。

2017年5月10日に「ドリーミージャーニー」を表題曲としたシングルでメジャーデビューします。

the peggies - グライダー

SHISHAMO

神奈川県川崎発。メンバーは宮崎朝子(g,vo)松岡彩(b)吉川美冴貴(ds)の3名。

2010年に川崎総合科学高校デザイン科軽音楽部で“柳葉魚”の名前で結成。

2012年の〈TEENS ROCK IN HITACHINAKA〉での優秀賞&ベストボーカル賞受賞を機に“SHISHAMO”へ改名。

2013年春の高校卒業後に本格的活動を開始し、同年11月にアルバム・デビュー。

2017年2月にはニューアルバム「SHISHAMO 4」をリリース。

アルバム発の3月から行うツアー「明日メトロですれ違うのは、魔法のような恋」では、キャリア2度目となる日本武道館での公演を含む、19公演を行います。

SHISHAMO - 明日も

Hump Back

大阪発スリーピースガールズロックバンド。

チャットモンチーのコピーバンドから始まり、度重なるメンバーチェンジや活動休止を経て、現在のメンバーは、ぴか(Ba&cho)林萌々子(Gt&Vo)美咲(Dr&cho)の3名。

日々の暮らしの中で起こる等身大の感情を、ストレートかつエモーショナルに伝えるサウンドと歌詞が特徴です。

Hump Back - 月まで

リーガルリリー

メンバー全員東京都出身で、Ba.白石はるか、Vo.&Gt.たかはしほのか、Dr.ゆきやま。

メンバーのあどけないルックスとは裏腹の空想のようでリアルな世界観を生み出す独特な歌詞、ダイナミック且つ壮大な音の渦に観客を巻き込むライブパフォーマンスが特徴。

最新ミニアルバムでは、全曲の作詞作曲を、ヴォーカルギターの高橋ほのかが手がけています。

リーガルリリー - リッケンバッカー

The Wisely Brothers

東京都立世田谷総合高等学校の軽音楽部に所属していた真舘晴子(g,vo)、和久利泉(b,cho)、渡辺朱音(ds,cho)によって2010年に結成。

2012年に初ライヴを開催。2014年10月に初の全国流通盤『ファミリー・ミニ・アルバム』をリリース。

その後も各地でライヴ活動を展開し、2016年7月に2ndミニ・アルバム『シーサイド81』をリリース。

USインディーロックを彷彿させる、オルタナティブかつナチュラルなサウンドが特徴です。

The Wisely Brothers - 鉄道